スポンサードリンク

ブログで上位表示を狙うならタイトルを意識する!

アドセンスブログで上位表示を狙うならタイトルを意識する!

 

アドセンスブログで上位表示を狙うならタイトルを意識する!こんにちは!

マサルです。

今回はアドセンスブログで上位表示ができる記事タイトルのつけ方について解説していきたいと思います。

アドセンスブログで上位表示できる記事タイトルとは?

※ 最も大切なのはキーワード選定

・何も考えず検索されるキーワードを入れるだけではだめ!

ライバルのいない関連・連想キーワードを使う!

※ 違和感のないタイトル付けが出来ている

・日本語で読み上げて意味の通るタイトルをつける!

・読み手は人間であるという事を意識する!

※ 記事の内容がしっかりしていることが前提ですが、主に上記※印の2つが出来ていれば上位表示させることは可能です。

上位表示することのできる記事タイトルなんですが大前提として大切なのはキーワード選定ですよね?

何も考えずに検索されるであろうキーワードを入れるだけでは基本的にはダメですね!

アクセスを集めることのできる人はライバルがいない関連キーワード連想キーワードをうまく使っているんです。

違和感のないタイトル付けができています。

これは基本的な事で日本語で読み上げて意味の通るタイトルという事なんですが、声に出して読んでみると一番わかると思います。

まずそのアドセンスブログの記事なんですが、結構パソコンで記事を書いていたりネットを通していると結構忘れがちになってしまう人が多いんですが、読み手は生身の人間ですので、人がちゃんと記事を読んでくれているってことを意識ができているのが上位表示することができている記事タイトルなんですね。

主にこの二つの基本ができていれば上位表示させることは可能ですただ記事の内容はしっかりしていることが前提で話を進めてきています。

特にこの中でも大事になってくるのはライバルの居ない関連キーワードや連想キーワードを使っているというのはかなり大きいです。

検索されるキーワードと関連キーワード

※ 検索されるキーワードと関連キーワードとは?

・メインキーワードのサジェストや虫眼鏡キーワード

・使っている人も多いのでライバルが使っていないものを選ぶ

※ ライバルを出し抜く連想キーワード

・先読みして検索されそうなキーワードを使う

・ニュースを見て気になった内容を連想してキーワード化

※ 検索されるキーワードはサジェストや虫眼鏡で学べる

※ 連想キーワードは記事を書いていくことで養っていく

※ 初心者は新しいキーワードを使っていく

次にその検索されるキーワードと関連キーワードという事なんですが、いきなりキーワードと言われても何のことやらって感じの人も多いと思うんですが、簡単にお話するとメインキーワードとは、何か一つ調べものするにしてもiPhoneの機能だったり、iPhoneが故障してしました!

そう言ったことを調べたい場合は、まずiPhoneというメインキーワードがあると思うんですが、そのようなキーワードで検索するとサジェストキーワードと言ってどのようなことがそのキーワードと併せて検索されているかってことですね。

例えると検索窓にiPhoneと打ち込んで検索すると・・・

こんな感じで赤枠の中にずらずらと候補が出てきます、これをサジェストキーワードと言います。

サジェストキーワードと虫眼鏡キーワードというのはこのメインキーワードと合わせてよく検索されている関連キーワードを出してくれるんです。

因みに虫眼鏡キーワードとはこの様な感じになります。

この赤枠部分の先頭に虫眼鏡のイラストがあるのがわかると思いますがこれを虫眼鏡キーワードと言います。

なのでどんなキーワードが検索されているのかっていうのがよくわからない人は、サジェストキーワードや虫眼鏡キーワードというのを見てみるといいですね!

それが検索されているキーワードです。

アドセンスブログの記事を書く際に、このサジェストキーワードや虫眼鏡キーワードを使っている人も多いのでライバルが使っていないものをブログ記事を書くときは選ぶべきだと思います。

そこで大切になってくるのはライバルを出し抜く連想キーワードです!

何かネタ選びをしてる際に先読みし、例えば何かニュースで報じられた時にそのニュースを見て次に気になったこを先読みして、この先検索されそうなキーワードを使うといいですね。

今言ったようにニュースを見て気になった内容を連想して次にこういうことが起きるんじゃないかとか次にこのようなことは気になる人が多いんじゃないかというのことを連想し、それをキーワード化していくという事ですね!

まず最初に検索されるキーワードというものが分かんないよって人はサジェストキーワードや虫眼鏡キーワードで学べば連想キーワードというのは身についてくると思います。

連想キーワードと言うのは、なかなか最初やるのが難しいです。

そもそもどのようなことが検索されるか分かっていないのにいきなり連想キーワードでブログを書いてしまうのは危険です。

なぜかと言うと、全くアクセスが集まらない可能性がありますのでブログ記事を書いていくことでどんどん養っていくということです。

初心者は新しいキーワードを使っていくと稼げ安くなります。

例えば、新しく何か起きた出来事だとか、ニュースだったらスポーツ選手が何かの賞を取ったとか何かで優勝したとかそのような注目される新しい出来事があったらそのような新しいことが起きた時に検索されそうな新しいキーワードといものを探してそれらを率先して使っていくということが良いと思います。

ブログに違和感のないタイトル付けをする

※ 記事タイトル付けの基本

・タイトルの文字数は28~31文字

・記号や括弧はやたらに使わない

・狙っているキーワードは左寄せ

※ 日本語として不自然なタイトル

・声に出しても自然に読むことが出来る

・キーワードの羅列になっていない

・一貫性のあるタイトルになっている

(ダメな例)

・犬の飼い方は?寿命、値段、餌について徹底解説!

・〇〇が不倫で離婚!?親が金持ちで昔はヤンキーだった!

タイトルの文字数は28~31文字

次に違和感のないタイトル付けとは?ということなんですが、一番大切なポイントなのがこれはできていて当たり前っていうような内容なんですがタイトルの文字数は28文字から31文字ということなんです。

これはなぜかと言うとグーグルさんの検索結果に表示される時、ブログの記事を書いた際タイトルが表示されるんですがタイトル部分というのが基本的には28文字までしか表示されないんですね。

できれば28文字以内で、31文字と書いてあるのは28文字以内に治らなかったとしてもその余分な部分はキーワード含まない文字余りの部分が飛び出してしまうのは致し方ないということです。

タイトルは長すぎるのも良くないので31文字程度に留めておきましょう!

ただし、短すぎるのもキーワードがもっと入れられたのになあとか、タイトルを長くしておけばより詳しく書けたのになとなりますので出来るだけ28文字に近づけるような形でタイトルを付けていきます。

記号や括弧はやたらに使わない

記号はやたらめったら使わないようにしましょう!

私は目安として設定しているのは、はてなやビックリマークは2つまでというふうに決めています。

狙っているキーワードは左寄せ

また狙っているキーワードはできるだけ左寄せにいっていうことですねメインキーワードが一番最初に来てその後に関連キーワード、連想キーワードでこのキーワードはいけるだろうっていうようなキーワードはできるだけ左寄せにして使っていくといいですね!

Googleさんのクローラ(タイトルやサイト内をどんどん見回りするロボット)なんですが基本的に読み込んでいくのはタイトルの頭の部分からなので左寄せにするということですね!

最初に認識されるって意味合で左寄せにしていきます。

日本語として不自然なタイトル付けはしない

また日本語として不自然でないタイトルですね!

タイトル条件として日本語として声に出して読んでも自然に読むことができないタイトルになっているとこですね!

また、キーワードの羅列になっていないかという事を意識してタイトル付けをしたらいいと思います。

私がダメな例を考えてみたんですが・・・

犬の飼い方は寿命・値段・餌について徹底解説!というタイトルなんですが、これは犬の飼い方っていうのがメインで飼い方と言うのがサブキーワードとなると思うんですが、寿命、値段、餌とキーワード羅列になっているようなちょっと雑なタイトルですね?

それにこの句読点を使ってしまってるのもちょっともったいないです。

タイトル付けはもうちょっと考えたほうが良いですよね。

仮にこれが芸能人の名前が入るとしたら〇〇が不倫で離婚!?親が金持ちで昔はヤンキーだったというタイトルなんですが、これ結構キーワードは詰め込んであるんですが、不倫で離婚?何とか日本語の意味では通じるんですがなんだか怪しい感じですね?

親が金持ちで昔はヤンキーだった?

結構これ一貫性がないですね!

不倫の話なのか離婚の話なのか過去の話なのかっていうようごちゃごちゃしたタイトルですよね?

できれば一貫性のあるタイトルをつけるとしたらこの不倫離婚ということを取り上げる場合はその後どうなっていくのか?今後として重要なキーワードを入れて自然な、一貫性のあるタイトルにした方が良いと思います。

これはあくまで例なので、やっていくうちにどのようなタイトルの方がいいかっていうのは数をこなしていけばある程度見えてくると思います。

記事タイトル付けの大前提

※ 最終的に大切なのはユーザー目線

・記事を読むのは生身の人間だという事を意識する

・違和感があったりアクセス狙いが見え見えだと危険

・タイトルがうまくても記事の中身が伴っていないとダメ

※ 下手なタイトルでも上位表示されるブログもある

・昔から運営されているブログである可能性が高い

・かなりアクセスを集めている強いブログ

被リンクをもらっているブログ

大切なのはユーザー目線

記事タイトル付けの大前提になりますが、結局色々タイトルの付け方を言ったんですけれども最終的に大切なのはユーザー目線なんですね!

ただし、今まで言ったことも大切です。

その記事を読むのは生身の人間ということを意識するという事が大切ですし、違和感があったりアクセス狙いが見え見えだととても危険なんです。

キーワードの羅列だとGoogleさんからしても、ただアクセスが欲しいだけなんじゃないかと見られてしまい、リスクがあるわけなんですね。

ここが一番大切な事なんですが、記事の内容がしっかりしているというのは大前提って事なんです。

タイトルが上手くても記事の中身が伴っていないと駄目です。

これはユーザーが満足しないってことですね!

満足する内容であればいいんですが記事タイトルのつけ方がうまくても一時的なアクセスが見込めるかもしれないんですが、ライバルが出現した際に検索上位を維持できるかというようなことに関わってくるので基本的に記事の中身はしっかりしましょう!

下手なタイトルでも上位表示されるブログもある

このようにそのタイトル付け時の大事なことや守った方がいいことを色々言ってきたんですが、ライバルを見てこのタイトル下手くそだなっていうブログが中にはあります。

ただし、その下手なタイトルでも上位表示されているブログがあるんですね!

多くの人が疑問を持つかもしれないんですが、理由があって昔から運営されているブログである可能性が高いです。

ドメインを取得してからサイト運営してる期間が長いという意味では、信頼性があるという解釈もできるんですね!

また、元々アクセスを集めてる可能性も高ブログなんです。

昔から運営されてて、今でも生き残っているって事は相当数のアクセスを集めている可能性があります。

今それほど被リンクは大事じゃないと言われているんですが、やっぱりナチュラルな被リンクや自然と拡散されたり、引用をされたとかそのような被リンクををもらってる可能性もあるね!

このような条件が当てはまる場合、記事タイトルが下手であっても上位表示されているブログもあります。

今お話したことはしっかりと見極めていく必要があります。

スポンサードリンク


まとめ

他のブログに勝てない場合や上位表示が難しい場合は記事の内容を濃くしていくか、ライバル不在のキーワード狙ってずらしていくという事を考えてみましょう!

他の記事に勝てない場合は記事の内容濃くしていくっていうのはこれは真っ向勝負を仕掛けていくことになるんですが、その記事の内容や攻め方を考えていく必要があります。

僕自身も特化型ブログを運営していますが、先に行っていた特化型ブログより上位表示されるにはそれ相応の記事内容が必要になります。

ユーザーがより満足するような、ライバルブログが書けていない本当だったら書いておくべき内容というのが欠落していた箇所を書いてその記事に勝つと言うのが真っ向勝負ですね!

もう一つは真っ向勝負を仕掛けずにライバルが使っていないキーワードで別の箇所でアクセスを拾っていくというような戦略ですね。

最初はこのライバル不在のキーワードを狙っていくっていう手法が一番いいと思います。

何よりアクセスが集めやすいですし、検索結果の上位に出ているのはアクセスが爆発しやすいんですね!

一気に大量のアクセスが見込めるっていうことなんですね!

記事タイトルの事で色々お話してきましたが、今まで言ってきたことも踏まえて記事タイトルを作っていてくださいね!

今回のお話はここで終了になります。

長々と読んでいただきありがとうございます。

世界を楽しんでや~心行くまで・・・

感謝。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です