スポンサードリンク

アドセンスは100記事で10万円稼ぐ事ができるという噂は本当?

アドセンスは100記事で10万円稼ぐ事ができるという噂

 

アドセンスは100記事で10万円稼ぐ事ができるという噂

こんにちは!

マサルです。

今回はアドセンスで100記事記事を書いて月収10万円を稼ぐことは可能かどうかという点についてお話をしていきたいと思います。

アドセンスは100記事で10万円稼ぐ事ができる?

なん記事書けば稼げるの?

※ ネットで調べてみても答えはバラバラ

・A氏『100記事でも稼げますよ』

・B氏『200記事は必要ですね』

・C氏『300記事で稼げるようになります』

※ どれもウソではない

・1記事の質やSEOがしっかりしていれば少ない記事数でも稼げる

・才能やセンスがあれば少ない記事でも稼げる

・能力値や方法論の問題

・ただし、再現性があるとは限らない

最初は誰でも疑問に感じると思うんですが、実際にネットで調べてみてもある人は100記事で10万円稼ぐ事ができますという風に言っていますし、また別のサイトを覗いてみると200記事は最低限必要ですと言っている人もいます。

またさらに調べてみると300記事で稼ぐ事ができるようになりますと言っている人もいます。

100記事・200記事・300記事、全然違いますよね?

本当の話はどれなのか、どれが本当なのか?混乱してしまうと思います。

しかし、どれも嘘ではないんです!

言ってしまえばどれも嘘ではありません。

たとえば一記事当たりの質やクオリティを高めてSEO対策を施していけば少ない記事数でも10万円を達成することは可能です。

100記事でも稼げます!

なので、 A さんが言ってることは間違いじゃないんですね!

もしくはそういうノウハウがなくても才能とかセンスがあればでアドセンスを始めたばかりの人でも少ない記事数で稼ぐことはできるかもしれません。

これは各々の能力値であったり方法論の問題であったりするのでこれが違ってくればなん記事で稼げるかと言う到達点も違ってくるというのは当たり前の話ですよね?

ただし、少ない記事でも稼げますよ!

100記事で10万円稼げますというような主張は再現性があるとは限らないですね!

再現性があるということは誰でも実践して達成できる、そういう方法論であるとは限らないということなんです。

逆に再現性のある方法論、誰でも到達できる方法論、誰であっても10万円を稼げるそういう方法論とは一体何か?

再現性のある方法論とはなにか?

再現性のある方法論とは?

※ 月収10万円=300記事

・アドセンスでは有名な等式

・私が最初に実践した時も300記事で10万円

・多くの実践者が250記事~300記事で達成

・これが一般的な目安

※少ない記事で稼げるなら最高!しかし・・・

・そのためにはセンスや技術・努力が必要

・楽してショートカットはできない

・簡単に稼げる裏ワザは無い

これは、月収10万円を稼ぐためには300記事必要です。

月収10万円稼ぐためには300記事必要です。

これがアドセンスにおいては最も有名な常識になります。

実際に私が最初にアドセンスを始めた時というのも概ね300記事で10万円を達成しましたまた。

私だけではなく周りを見てみると多くの実践者が初めてアドセンスに挑戦してみますという人がだいたい250記事から300記事このスパンで月収10万円を達成しています。

つまり、月収10万円のためには300記事が必要だという考え方が最も再現性のある方法論、一般的な目安というふうに考えられているのではないでしょうか?

もちろん少ない記事数で稼げるなら最高です!

たった100記事で10万円稼げるなら最高ですよね?

しかし、そのためにはセンスや技術・努力そういう要素が必要になってくる訳ですし、これは誰でも持っているというものではありませんので少ない記事数で稼ぐということは誰にでもできることではないんですね!

楽して稼ぐまでの時間や労力をショートカットできる訳ではありません。

もっと一般化して言うと、少ない記事数で稼ぐための裏技があるわけではないんです!

この点だけはしっかりと覚えておきましょう。

アドセンスで落ち込むのは300記事書いた後!

落ち込むのは後!

※ 少ない記事数で稼ぐ

・目標にするのはOK

※ しかし100記事書いて稼げなくても大丈夫!

・100記事の段階で稼ぐことが出来ないのは普通

・あきらめるのは300記事を過ぎてから

※ 100記事でも3万円稼げていない

・なんの問題もありません!

ただし、ここまでお話してきましたが別に少ない記事数で稼ぐ、そういう目標を否定しているわけではありませんし、逆にやる気があると思うので100記事で稼いでやるその様な目標を持つのは全然オッケーなことなんです。

ただし問題はその目標が達成できなかった時、少ない記事数で稼ごうと思っていたのに100記事書いても150記事書いても稼げていない、こういう時って結構落ち込んでしまうんですね。

自分には無理だ・・・才能がない・センスがない、やめてしまおう・・・

その様に思ってしまいがちなんですけれども大丈夫です100記事で稼げていない、それは当たり前のこと普通のことなんですね、なので100記事書いてダメだったとしても諦めないでください!

諦めていいのは300記事を書いてからで300記事書くまでは、そこまでで稼げないのは当たり前なので落ち込んだり投げ出したりそういうことはしないでください。

しかし、100記事の時点で3万円稼げていない、単純計算で300記事10万円ペースではない、それでも大丈夫かって思う方もいらっしゃると思うんですが何の問題もありません!

もっと言えば100記事で1万円も稼げていないとしても大丈夫です。

実際に私が10万円を3か月で達成した時のお話なんですが、同じ更新ペース更新頻度、後は同じクオリティ概ね同じ品質の記事を3ヶ月間毎日3記事ずつ私は最初に書いていました。

その結果どうなったか?最終的にはおよそ300記事で10万円を達成しています。

それはいいんですが1ヶ月目はと言うと、およそ90記事での収入はわずか1000円です。

少ないですよね・・・1日3記事書いてそれを毎日やり続けたんです、それで報酬が1000円。

確かにやめてしまいたいという気持ちはわかります。

だってバイトした方が稼ぐことが出来るんですから!

では、2ヶ月目はどうかと言うと5000円、多少増えましたけどそれでも全然少ないですよね?

1日バイトしたほうが早いです。

2ヶ月目までの結果を見てみると絶望的ですよね?

こんなもの絶対に10万円なんて無理じゃないか!

そういう結果になっています。

ただ、3か月目には10万円は達成できています。

では、何故なのかという事なんですが、特に3ヶ月で特別に記事を頑張って書いたとか特別なSEOを施したとかそういうことやったわけではありません。

ずっと同じことを続けていたにも関わらず3ヶ月目でグッと報酬が伸びたんです。

これは、成果が現れるタイミングの話なんですね!

一か月目やったら3ヶ月目の1/3の成果2ヶ月目には2/3の成果だけ報酬が出るというわけではないです。

アドセンスで成果が出るタイミング、収入がグンと上がるタイミングっていうのは本当に突然やってくるんです。

それが300記事だったり、250記事ということなんですね!

この結果だけ見るともう2ヶ月目で諦めたくなってしまう気持ちはよくわかるんですが、そのまま続けていればいいんですよ!そのまま続けていれば一か月後には10万円達成できるわけなんで途中で諦めるのは本当に良くないです。

一か月目に稼ぐ事が出来なくても大丈夫なんです!3ヶ月目には稼ぐ事が出来るようになるんです。

マサルの実践記録の補足

実践記録の補足

※ 300記事10万円の達成

・低品質の記事

・無料ブログ

・初めての挑戦

・こんな挑戦でもできた

・再現性がある

※ 次のブログでは3か月で21万円

・ノウハウが増えたから

・それでも10万円突破は3か月

・戦略の問題でもある

・長い目で稼ぐことが出来るブログ構築を優先

少し補足をすると、この様に300記事で10万円を達成したわけなんですけれども、それはマサルさんがうまく記事を書いたからなんでしょ?という様に思われるかもしれませんが逆です。

私が最初に10万円を達成したというのはまず無料ブログで書いていましたし、もちろんアドセンスは初めての挑戦で一切のノウハウはありませんでした。

教材も買っていませんでした。

更に言うと、記事の内容やクオリティもぐちゃぐちゃでした。

今見直してみると恥ずかしいやら、もう消してしまいたいやら、そういう目も当てられないような記事を書いていたんですね。

おそらくあなたが今始めて記事を書くとしても、あなたの方がうまい記事を書くことができます。

それくらい最初の記事と言うのはクオリティが低かったんですね!

そんな条件でも300記事10万円は達成できました!

これはどういうことかと言うと再現性があるということなんです!

つまり特別な才能とかスキルがなくてもコツコツと300記事を書いていれば10万円は多くの人が達成できるという目標になっています。

この後どうなったかっていうのを少し補足したいと思うんですけれども、次に私が立ち上げたブログというのは3ヶ月で21万円を達成しました。

これは私にノウハウが増えてうまくなったからで、それでも月収10万円を突破するというのは3ヶ月目の以降のタイミングでした。

これは私にスキルが足りないっていうのもあるかもしれないですが、単純に戦略の問題でもあります。

つまり少ない記事数で稼ぐっていうのは確かに魅力的なんですけれども、誰でも早く稼ぐようになりたいというふうに思うんですけれども、その後どうなるのという戦略まで考えていきましょうというお話なんですね。

じゃあ100記事で10万円稼ぐことが出来たとして、その次はどうなるのか?10万円達成できているのか?あるいはどのくらい作業して10万円を達成するのか?そういうテーマで考えていきたいと思います。

簡単に比較すると、少ない記事数で稼ぐということは爆発的なアクセスを生むわけで安定したアクセスは生まないんですね。

つまりその後も一生懸命作業しないと10万円は維持できない、あるいは10万円以降まで収入が伸びていかない、そういう現象に陥ってしまいがちですそうです。

じっくりとサイトを構築した場合やブログを作っていった場合、確かに最初に成果が出るまで、最初に10万円稼ぐ事が出来るようになるまでには時間がかかるかもしれないんですけれども、そのかわり4ヶ月目以降は5ヶ月目、6ヶ月目とあまり作業をしなくても10万円が入ってくる、あるいは私がとった戦略のように3ヶ月目以降どんどん収入が増えてくる15万円、20万円、30万円そういう風に収入を増やしていくような戦略で記事を書いていくという方法もあるんです。

それは各々の好みです!

どっちの方がいいか?

ただ最初にいち早く10万円稼ぐ事ができた方がいい、それがベストですよ、それが正義ですよというのは違うんじゃないかなという風に思います。

あくまでそれは戦略の違いなので!

スポンサードリンク


まとめ

それでは今回のまとめに入っていきたいと思います。

・少ない記事で稼ぐ事は可能

・努力、技術、センスが必要

・一般的な月収10万円のラインは300記事

・収入は突然倍増するのであきらめない

結論から言えば少ない記事数、100記事で稼ぐことは可能です。

誰でも早く稼ぎたいと思うんですけれども、100記事で10万円を稼ぐことは可能ですが、最初からそういう風に稼いでいこうと思うと努力や技術、センスという要素が必要になってきますし、誰でも簡単に100記事を書くだけで10万円稼げるというわけではないんですね!

逆に誰でも稼げるようなラインというのはどこなのか?再現性のある目安というのはどこなのか?という話に関しては月収10万円を稼ぐために必要なライン、それは300記事だと言われています。

一般的な目安としては300記事書くことで初めて月収10万円を突破することができるという風に捉えておいてください。

この時の収入というのはまっすぐ伸びていくのではなくて、突然いきなりグッド増えていくようになります。

なので、もし1か月、2か月挑戦してみて100記事、200記事書いても稼ぐ事が出来なかった、そういう場合でもあきらめないでください!

一般的な目安はあくまでも300記事です。

300記事の次にいきなり収入が上がって月収10万円を超えるという事は十分ありえることなんです。

私の場合もそうでしたね!

少ない記事数で稼ぐ、100記事で稼ぐというのは確かに魅力的ですね?

しかし、真面目にコツコツと作業をしていく、これが一番の成功への近道になります。

最初から100記事で稼ぐという目標を立てるのは全然OKなんですけれども気持ちとしては300記事未満で10万円を達成できたらラッキー、そのくらいの気持ちでいた方が精神的には良いですよね!

でないと100記事で1000円しか稼ぐことが出来なかったら心が折れてしまいそうになります。

実際に私は100記事で1000円しか稼ぐ事が出来なかったんですけれど、その後300記事で10万円を稼ぐことが出来たわけなんです。

だから300記事で10万円を稼ぐ、これが普通のことであると覚えておくと精神衛生上いいですね!

余裕を持って作業を進めていくことが出来ます。

以上のことを踏まえてどういう風に稼ぎたいかというのは考えてみてください!

もちろんそれでも少ない記事数で頑張って稼ぎたいというのは全然ありな目標です。

一方で、300記事まで頑張る中、どこかで10万円達成できたらいいな、そういうふうに思っておくと気持ち的には楽かもしれません。

このことを覚えておいてくださいね?

それでは、今回の内容は以上で終了になります。

長々と読んでいただきありがとうございます。

世界を楽しんでや~心行くまで・・・

感謝。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です