スポンサードリンク

アドセンスブログで文字数が少ない記事の量産は本当に稼げない?

アドセンスブログで文字数が少ない記事の量産は本当に稼げない?

 

アドセンスブログで文字数が少ない記事の量産は本当に稼げない?

こんにちは!

マサルです。

今回はアドセンスブログにおいて、文字数の少ない記事を量産していても稼げないというテーマについてお話ししていきたいと思います。

少ない文字数で記事を量産しても稼げない!

文字数と記事数でよくある質問なんですが、1記事には何文字必要ですか?

なん記事書けば稼げますか?

こういう事が気になっている人は非常に多いと思います。

ネットで検索してみると、色々な答えが溢れかえっています。

※ ネットでのおおよその答えは

・500文字で十分です!

・800文字は必要です!

・100記事は書きましょう!

・200記事は必要です!

いろんな答えが溢れているわけですが、もちろん何をネタにして記事を書いていくのか?

どういう風に記事を書いていくのか?

そういう個人の状況に大きく左右されるので何文字が正解なのかという問題に関しては、明確に答えることはできません。

何文字の記事を書けばいいというのは、ケースバイケースなんですね!

当たり前の話で、みんなそれぞれ書く記事や作るブログというのは異なってくるので、結果ももちろん異なってきます。

ただ、ケースバイケースなのでわかりませんというのはあんまりなのでわたくし、マサルならどう答えるか?という事についてちょっとお話ししますね。

私なら記事の書き方はこう答える!

アドセンスブログでのよくある疑問

文字数>記事数

疑問:いたずらに記事を量産すより、1記事当たりの文字数を増やすべきではないのか?

解答:基本的には間違った考え方ではありませんが記事を書く更新頻度を落としても良いという理由にはならない。

文字数<記事数

疑問:300記事を早く達成するためには1記事当たりの文字数を減らすべきでは?

解答:絶対にしてはいけない考え!間違い!

私の場合は1記事の文字数は1500文字で1記事を書いてください!

最低1500文字ですね!

これは調べてみたところ文字数的にはちょっと多いと思います。

他のサイトでは1000文字とかそういう基準が多いと思うんですけど、私の場合は1500文字書いてくださいとお伝えしています。

また、稼げるというのはちょっと曖昧なので月収10万円を稼ぐために必要な記事数としては300記事を目安としてあげています。

ですので、最低1500文字で1記事を書いていて300記事になる頃にはおそらく月収10万円は稼げるだろうというふうにお伝えしています。

ただ、もちろん個人差はありますよね?

例えば書くネタに関しても、他人が気づいていないような美味しいネタを見つけて、それについて記事を書けば効率よく稼ぐことができます。

また、文字数が少なかったり記事数が少なかったとしてもいいネタを見つけることができればより早くショートカットして稼ぐことはできるでと思います。

ただ普通にコツコツと一般的なやり方で稼ぐなら1500文字300記事という風に思っておいてくださいね!

また、アドセンスブログを実践していると思うことがあるんですけれども記事数を増やしていくんじゃなくて、1記事あたりの文字数を増やして行った方がいいんじゃないだろうか?

記事数というよりも文字数の方を重視した方が稼げるんじゃないだろうか?

こういう疑問が思い浮かぶことがありますが、これは間違っていない考え方です!

そういうやり方にシフトしていくというのは間違っていない考えですし、それを記事更新の頻度を落としている理由にはしないでくださいね!

1記事あたりの文字数を増やすからといって、通常3記事のところ1日2記事で十分だ!

そういう風にはならないので、記事数の更新ペース・記事の更新頻度は保ったまま文字数を増やしていくというチャレンジはどんどんしていってみてくださいね!

これもよく考えることなんですけれども逆に300記事書けば10万円達成できるなら1記事あたりの文字数を減らしていけばもっと早いペースで達成できる!

文字数を犠牲にしてどんどん記事を書いていくことを重要視した方が良いのか?

これは先ほどと違って絶対にしてはいけない考えです!間違いです!

文字数の少ない記事の量産は?

少ない文字数の記事を量産したら?

少ない文字数の記事を量産する時代は終わり!

・昔はそれで稼げたが、今は稼げない!

記事をチェックするシステムは進化!

・googleさんのアルゴリズムは内容の薄い記事やオリジナリティにかける記事を低評価する。

・500記事から800記事くらいの記事は低評価され上位表示されずアクセスも少ない=稼げない!

というのは、ネットで調べてみると少ない文字数で十分ですよって言ってるサイトあるんですけど、それいつの情報ですか?

ということなんです!

少ない文字数の記事をどんどん量産して行って稼げるという時代は既に終わっています。

昔はその方法でも稼げたんですが、今はもう稼げなくなっています!

なので、注意して下さい!

その情報はいつの情報なのか?

なぜこういう変化が起こったのか?

と言うと、昔は記事をチェックするシステムが甘かったんですね、だからクオリティの低い記事でも上位表示できたし稼ぐことが出来という事なんです。

今は進化しています!

というのはGoogleさんのアルゴリズムと呼ばれるものなんですが、このGoogleさんのアルゴリズムは内容の薄い記事や中身がペラペラな記事、オリジナリティが無いような記事、同じような記事がいっぱいあるという状況を嫌うんです。

内容の薄い記事やオリジナリティのないページを低評価するんす。

今はもうgooglさんのシステムが進化してるので500文字とか800文字とかそういう内容の薄い記事というのは上位表示されないという事になりますし、アクセス数が少なくなるという事は、アドセンスブログにおいては、稼げないということになります。

文字数が多いことの意味とは?

文字数が多いことの意味

※ 文字数=情報量

※ 文字数が多いという事の意味

・その内容に詳しい人が記事を書いている。

・有益な情報が記事には含まれている。

・ユーザーが満足する記事。

・googleさんの評価がアクセスUPに繋がる。

逆に文字数が多いってどういう事だろう?なんで文字数が多いと稼げるんだろう?ということになってくるんですが、文字数と言うのは情報なんです。

その様にシステムは判断します!

文字数が多いということは、例えるとその記事のネタに対して詳しい人、精通している人が記事を書いているんだという様に思いますよね?

それに情報量が多い、文字数が多い記事というのはより多くの役に立つ有益な情報が含まれているだろうと判断されます。

総合的に見てアクセスしてきたユーザーが満足する記事になっている可能性が高いんですね!

文字数が多い情報量の多い記事というのはユーザーが満足する可能性が高いという様にGoogleさんのシステムが判断するので、単純に文字数が多い記事というのは高評価されやすい、つまりアクセスアップにつながりやすいということが言えます。

文字数の多い記事を書くとその記事の情報量が多くなるので見に来てくれた人が満足しやすいし、見てくれた人の役に立ちやすいのでGoogleさんがしっかりと正当に評価して順位を上げてくれるという事になります。

つまりアクセスが増えるという循環が起こってくるわけです。

ただし、気を付けるべきポイントというのもあります!

文字を多くするときに気をつけるポイント

文字を多くするときに気をつけるポイント

※ ただ文字数を多くしたらいいという訳ではない!

※ ユーザーが求めていない情報で水増ししてはいけない!

・文字数の底上げ目的の文章はかえって邪魔になり評価を下げてしまう

・その記事に関係ない情報はいりません

※ ユーザーにとって有益なら文字数が少なくても稼げる

ただ文字数を多くしたら良いのかと言うとそうではありませんし、何も考えずにどんどん文字を足していって文字数の多い記事を作ってもそこに意味はありません。

ユーザーがその情報を本当に求めているのかというのが大事なので、ただ文字数を増やすためにあれもこれも情報に加えてしまってはかえって逆効果ですし、文字数の水増し底上げになってしまうんです。

そういう行為は逆効果です!

ユーザーさんの邪魔になってしまうんですね!

見たくもない情報を見せられて、それをきちんとGoogleさんが感じ取るので結果と評価を受けてしまう。

表示順位が下がる、アクセス数も少なくなるという事は、稼げないという状態になって行きます。

例えば、これはよくあるパターンで芸能人に関する事をネタにした場合、そのアクセスしてくれる人はその熱愛情報だったりその周辺情報を知りたいわけですよね?

その情報は本当なのか?

どういう推測がされてるの?

画像は?

という事なのに、そういう情報を求めてきたユーザーに対して、芸能人のWikipediaプロフィールを最初に掲示するサイトって結構ありますよね?

記事にアクセスすると前半部分にWikipediaからコピーしてきただけの出身、血液型、趣味、特技、そういう情報をずらっと羅列しているような記事がありますけど、それはユーザーにとって必要のない情報ですよね?

例えば熱愛発覚としますね!

じゃあどういう様に熱愛の経緯がなされているのか?

その情報は本当なのか?

そういうワクワク感をもって記事にアクセスした人に対してこの芸能人の出身地はどこで血液型はというプロフィールを載せることによって、全体の文字数は増えるんですがユーザーが求めていない情報なので邪魔になっています。

ユーザーの求めていない情報で文字数の水増しをしても稼げません!

そのプロフィール本当に必要ですか?という話ですね!

逆に、ユーザーにとって有益な内容になるんだったら文字数は少なくてもいいんです!

この記事のタイトルは、文字数の少ない記事を量産しても稼げないというタイトルですけども、それは文字数が少ない=ユーザーが求めている情報が少ないから稼げないであって、文字数が少なくてもそれでユーザーが大満足してくれれば当然アクセスは集められます。

この点については必ず覚えておいてくださいね!

スポンサードリンク


まとめ

今回の内容についてまとめていきたいと思います。

・稼げる記事 = ユーザーが満足する記事

・文字数 = 情報量であり評価の一つ

・文字数の少ない記事量産では稼げない

・低品質記事の量産で稼げる時代ではない

そもそも稼げる記事というのはユーザーが満足するような記事なんです!

なぜなら記事の表示順位を決めるGoogle検索エンジンのシステムがそういう風に順位付けするからです。

その文脈においても文字数とは何か?

文字数とは情報量なんです!

情報量というのはGoogleさんのアルゴリズムがチェックする評価基準のひとつなんですね!

基本的には情報量が多い記事の方が評価は高くなりますので、文字数の少ない記事というのは情報量が少ない、品質が低い記事とみなされてしまうのでそういう記事をいくら量産していても稼げませんよね?

確かに昔は文字数の少ない記事の量産で稼げたんですけれども、今はシステムが進化しているので、文字数の少ない記事では稼げないという事なんです。

ネットを調べてみると500文字で十分ですよ!

という様なことを指南しているサイトがありますがそれいつの情報ですか?ということなんですね!

現在は、文字数の少ない低品質な記事の量産では稼げません!

幸い、文字数というのは明確に数値で確認できる基準の一つなんですね!

これは記事を評価する基準としては珍しい方なんです!

例えばこの文章がいかに美しい流れでにスラスラ読めるかというのは評価しづらいですよね?

それに対して、文字数というのは明確にあの記事は1000文字こちらの記事が1500文字、そういう様に数値で確認することができます。

簡単に言えば、ライバルブログの記事と自分を比較してみて、あなたがライバル記事よりも多い文字数、多い情報量で記事を書くだけで優位に立てるわけなんですね!

つまり、表示順位においてより稼げる可能性が高いという状況になってきます。

なので基本的な考え方として、文字数というのは少ない文字数の記事を量産してもダメということです。

しっかりと1記事、1記事調べて情報を詰め込んで内容のあるものを記事として書いていくことが重要になります。

ただし、文字数を増やし1記事当たりのクオリティをあげるからと言って更新頻度だけは落とさないようにしてください!

1日何記事書くという更新ペースを維持したまま1記事、1記事のクオリティや文字数を上げるように心がけていきましょう!

以上で今回の内容は終了になりますご。

長々と読んでいただきありがとうございました!

世界を楽しんでや~心行くまで・・・

感謝。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です