スポンサードリンク

アドセンスで稼ぐ人は記事タイトルから先に決める?

アドセンスで稼ぐ人は記事タイトル

アドセンスで稼ぐ人は記事タイトル

こんにちは!

マサルです。

今回はアドセンスで稼ぐことが出来ている人は記事タイトルから先に決めているというお話をしていきたいと思います。

記事タイトルは先に決める!

記事のタイトルを決めるタイミングというのは2通りあります。

1.ネタ探し ⇒ タイトル決め ⇒ 記事を書く

2.ネタ探し ⇒ 記事を書く ⇒ タイトル決め

・アドセンスで記事を書いていくときは、どちらでも記事は完成するが稼ぐことが出来るタイトル決めのタイミングは前者です。

なぜか?

・前者の方がSEOに強くなる

・より多くのアクセスが集まる

・アクセス数 ⇒ 稼ぐことが出来る

というのはネタを探して情報収集をしてある程度キーワードを集めた後にタイトル決めてから記事本文を書くか、あるいはネタ探しをして記事本文を書いてしまってから最後にタイトルを決めるのかこの二つはどちらにしても記事を書くことはできます。

どちらのパターンでも記事は完成しますが、結果的に稼げるタイトル決めのタイミングというのは前者つまり記事を書く前にタイトルを決めるという事になります。

タイトルを決めてから記事を書いた方が最終的に、より稼げるようになるというお話なんですね!

これはなぜか?結論から言いますと前者つまりタイトルを決めてから記事本文を書いたほうがSEOに強い稼ぐことが出来る記事になるという事なんですね。

SEOに強い記事ということは表示順位が上がっていくわけですよね?

より多くのアクセスを集めることが出来のでアクセスが増えるという事は、アドセンスで言うと稼ぐことが出来るということなので、タイトルを決めて記事を書くという流れにした方が結果的に稼ぐことが出来る。

なのでタイトルを先に決めていこうということなんですね!

今は結論だけ述べてしまったのでもう少しこれから詳しく見ていきたいと思います。

アドセンス運営で稼ぐ事ができない失敗例

よくある失敗例について先に見ていきたいと思います。

アドセンス運営で稼ぐ事ができない失敗例とは?

記事本文

・なかなかタイトルが決まらない・・・

・先に記事本文から書きましょう!

タイトル

・記事本文の要約をタイトルにする

・この方法ならすぐに決まる

その後

・なかなかアクセスが集まらない

・記事が上位表示されない

タイトルを決めるという行為はアドセンスを始めたばっかりの頃ってなかなか難しいですよね?

というのも何も考えずタイトルを決めればすぐに決まるんですが、SEOに強い上手なタイトルを決めようと思って考え出すと結構時間を使ってしまったりします。

10分とか20分とか30文字前後のタイトルを決めるために使ってしまう人がいます。

私にも経験があるんですが1時間くらい記事本文が一つも進まないまま考え込んでしまうという事がよくありました。

そういう時は、いったんタイトルは置いといて先に記事本文から書いてしまおうという様に考えが変わったりもするんですね。

記事本文というのは文字数制限がないのでスラスラと書けたりしますのでネタ探しの後に記事本文を書くという事になるんですが、意外とスムーズにいく傾向があります。

その後記事本文を書いてタイトルを決めようという段階になるとタイトルはスッと決めることが出来ます。

記事本文の要約として決めるタイトルっていうのは簡単に書けることができます。

ただこれはあくまでタイトルがパッと決まるという話であってSEOに強いタイトルになっているか?またSEOに強い記事になっているか?というのはまた別の話なんですね。

なので最初にタイトルを決めず記事本文を書いてその要約としてタイトルを付けてしまうと思ったよりも記事が上位表示されないという事や、せっかく書いた記事のアクセスが集まってこないという残念な結果に終わってしまうということになりかねません。

これはタイトルを先に決めなかったからですね!

タイトルとSEOの関係

ではタイトルというのはどうしてそんなに重要なのか?SEOと結びついているのか?という事を考えていきましょう!

・タイトルはSEOにとって最も重要

場合によっては記事本文よりもタイトルが順位を左右する可能性もある

・なぜか?

検索語がタイトルに含まれている事がアクセスを集める大前提

メインキーワードだけでなくサブキーワードとの組み合わせも重要

文章の魅力があれば優先してアクセスされる可能性がある

これはアドセンスをやってるあなたならご存知だと思うんですが、記事のタイトルを私としては30文字をおすすめしてるんですけれど、このタイトルというのはSEOにとって最重要と言っていいほどほど重要な要素になります。

もちろんアドセンスのメインというのは記事の本文を書くという事ですけれども、時と場合によっては記事の内容よりもこの記事タイトルというのが記事の順位を左右してくることもあります。

せっかくすごくいい記事を書いてもタイトルでミスってしまうと結果としてアクセスが集まらないその記事は稼ぐことが出来ないということになってしまう可能性もあるんです。

これなぜか?

大前提としてタイトルというのは検索語をユーザーが何を検索窓に打ち込んで検索するか?

その検索と言うのは言い換えればキーワードです。

キーワードを含んでいることが大前提なわけです。

もちろんタイトルに適切なキーワードが含まれてなければ多くのアクセスに対応することができないので検索結果ページにも表示されないという風になってくるのでタイトルにはきちんと適切なキーワード、検索語を含んでいる必要があります。

例えば、メインキーワードでカレーの作り方を知りたいのであればカレーのつくり方だけではなくサブキーワードで美味しいと簡単なとか一緒に組合わせて検索されるようなサブキーワードをタイトルに含んでいく必要があります。

メインキーワードと言うのは誰でもタイトルに入れるんです!

ただし、より多くのアクセスを集めたい、より多く稼いでいきたいという場合はサブキーワードを無視するわけにはいきません。

メインキーワードに比べて適切なアクセスを集めることが出来るサブキーワードを組み合わせてタイトルにするかという事によってアクセス数や表示順位と言うものは変わってきます。

なので、メインキーワードは誰でもタイトルに入れるので難しいのはサブキーワードとの組み合わせという事が言えます。

もう一つが意外と無視されがちなんですが、タイトルが文章として魅力的であるかどうかという事もアクセスされるかされないかの判断基準になります。

例えば句読点(、)よりもエクスクラメーションマーク(!)を使ったほうが目を引きやすいですし、この後が気になるとか内容が知りたくなるというような興味を引くタイトルのつけかたをすれば、たとえ自分の記事が5番目に表示されていたとしても3番目のタイトルが非凡なタイトルだったとしたら5番目の記事の方が面白そうだぞと、アクセスを集めることが出来ます。

これを繰り返していけば結果的に順位も追い抜けますよ!

なのでタイトルはキーワードを適切に入れるということはもちろん気になるような文章や興味を引くような文章にするという事によってSEOの力を高めていくことができるということなんです。

アドセンス運営で稼ぐ事ができない失敗例②

よくある失敗例の2番目ですね!

アドセンス運営で稼ぐ事ができない失敗例②

跡からSEOの強いタイトルを決めればいいんじゃないの?

・タイトルと記事内容がずれるとSEO的にアウト

・タイトルには記事のひな形としての役目もあるので最初に決める

先ほどの話だと後から記事本文を変えた後でもSEOに強いタイトルや文章、メインキーワードやサブキーワードを適切に使ったタイトルを記事にしていけばいいのではないですか?そういうふうに思われるかもしれません。

記事本文に合わせてタイトルをつけるという場合はタイトルがSEOに対して適切ではないために上位表示されないということは先ほど述べたと思うんですけれども、記事本文を書いた後にSEOに強いタイトルをつけた場合これは記事の内容とSEOに強いタイトルがずれてしまうんですね。

タイトルはSEO的にはいい線いってるけど、それは後付になってしまうので先に書いた記事の内容とは若干ずれてしまうこういうズレが起こってくると検索エンジンGoogleさんも馬鹿ではないのであれ?このタイトルに対してこの記事内容はちょっとずれてるぞと見抜いてきます。

見抜いてくるとどうなるか?

ももちろんSEO効果が薄まる、表示順位が下がる、アクセスが少なくなる、結果的に収入を増やすことができない記事の順位が上の方に上がらないそういう残念な結果になってしまいます。

タイトルにはSEO効果を高めるという役割のほかにも記事の雛形ですね!雛形としての役割もあるので最初にタイトルを決めようと言ってるんですね。

今までの内容を踏まえて望ましい記事執筆の流れをお伝えしたいと思います。

1.ネタ探し、情報収集

2.SEOに強いタイトルをつける

3.タイトルに合う記事のひな形を作る

4.ひな形に沿って記事を書く

最初にネタ探しをすることが決まったらそれに対して情報収集をする。

その後に自分で SEO に強いタイトルを記事につける記事本文を書く前にSEOに適したメインキーワードキーワード、サブキーワードを含んだタイトルをつける。

そしてそのキーワードを付けたタイトル記事のひな形を作るんですね。

具体的にいえばそのタイトルの内容から記事の見出しを考えていけばいいですね。

最初にこういう見出しがあって次にこういう見出しがあってこういう見出しがあって最後にまとめがあってと言う様に記事の内容はまだ空白なんですけれどもそれぞれの見出しを先に決めてしまうという事になります。

こうすることによってひな形に沿って記事を書く、ある程度こういうことを書くよっていう事が決まってから記事を書いた方がスムーズに上手に書くことができるんですね。

タイトルを決めずに記事を書いていくというのは、いきあたりあたりばったり的な記事の書き方なんです。

次にどうなるかは瞬間の思いつき次第でいい記事はかけないとは言いませんが、多くの場合は最初にこういう記事を書こうと、ある程度計画してから書いた記事と比べると行き当たりばったり的な記事の書き方と言うのは全体的にぐちゃっとしてしまうんですね。

なので、最初にSEOに強いタイトルをつけてそのタイトルから記事の内容を見出しとして計画することで、タイトルを記事のひな形にすることで、簡単でいい構成の記事を書くことができます。

スポンサードリンク


まとめ

今回のお話をまとめると

タイトルを先に決めよう!

なぜならタイトルには二つの役割があるからです!

一つ目は記事のSEO効果を高める役割、適切なメインキーワード、サブキーワード入れる。

また興味を引くような文章にすることでより多くのアクセスを集めることができるようになります。

二つ目はタイトルを記事の雛形、設計図として使いましょう!

タイトルの後にそのタイトルに適した記事の構成、見出を先に考えておくことでスムーズに簡単にいい記事を書くことができます。

逆にあとからタイトルを決めてしまうということは記事本文に合わせてタイトルをつけるとそのタイトルはSEO効果が弱くなってしまう、稼げない、じゃあ記事本文を書いた後からSEOに強いタイトル決めればどうなるのか?

その場合は記事の内容と記事のタイトルがズレてしまったり乖離してしまうために結果的にSEO効果が弱くなってしまう、アクセスが集まらないという事になります。

また、先にタイトルを決めずに記事を書いてしまうということは行き当たりばったり的な記事になってしまうということなんです。

行き当たりばったり的な記事というのはもう記事を書いている分にも辛いですし、見ている分にも繋がりがちょっとグチャっとしてしまったりしていてあまり良い事はないですね。

結果的にクオリティの高い記事を書こうというのは、SEO効果の高い記事ですので、クオリティの高い記事を書こうと思うならば先にタイトルを決めてそれを設計図としてその設計図に沿って記事を書くという流れが一番です。

タイトルは必ず記事を書く前に決めましょう!

先ほども述べたんですけれども確かにアドセンスを始めたばかりの頃というのはタイトル決めはなかなか難しいです。

時間がかかってしまうこともあります。

でもそれでいいと思いますし、慣れていけばもちろんタイトルというのもスムーズにぱっぱと決めることができるようになりますし、結果的に時間がかかってしまったとしてもそれがきちんとSEO効果のあるタイトルでタイトルに沿った記事を書いているなら必ず記事は上位表示されてアクセス収入を増やすことができます。

私たちの目的というのはしっかりと稼いで行きましょうということなので最初のうちはゆっくりでもきちんとアクセスを集める記事を書いていくことが重要になります。

記事のSEO効果を高める、また記事を書きやすくする設計図として使うためにタイトルは必ず記事を書く前に入れましょう!

以上でアドセンスで稼ぐ人は記事タイトルから先に決める?というお話は終了になります。

長々と読んでいただきありがとうございます。

世界を楽しんでや~心行くまで・・・

感謝。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です