スポンサードリンク

アドセンスブログにおいて記事外注のメリット・デメリットとは

アドセンスブログにおいて記事外注のメリット・デメリットとは

アドセンスブログにおいて記事外注のメリット・デメリットとは

こんにちは!

マサルです。

今回はアドセンスブログで記事を外注化するときのメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

では最初に記事の外注化とはどんなことなのかという事について考えていきましょう!

アドセンスブログでの記事の外注とは

そもそもグーグルアドセンスの実際の作業と言うのはブログに記事を投稿していくことですよね?

記事を書く理想のペースとしては

理想として一日3記事以上

目安として300記事で月収10万円

という事なのですが1日3記事ペースでも約3か月くらいかかりますが1日3記事と言うのは仕事をしながらと言うのはとても大変だと思います。

私もそうでしたから(汗)

そこで1日3記事を達成させるためにはどうしたらいいのか、という事を考えると自分が仕事をしているときにでも、何かをしているときにでも記事がどんどん出来ていく?

という事を考えると自分以外の誰かが記事を書いてくれる以外他にはありません!

そうなんです!

それが、記事を外注するという事なんです。

記事外注の基本

記事の外注化と言うのはお金を払って自分のブログの記事をライターさんに書いてもらうという事です。

お金を稼ぐためにグーグルアドセンスをやっているのにお金を払っては意味ないじゃん!

と思うかもしれませんが、結果的に外注費で支払うお金よりも記事の広告収入の方が大きくなってしまえばその差額と言うものは全部自分のものになると思いませんか?

しっかりと利益は上がってきます。

更にこの外注化と言うものは決して一人の人と契約するものではなくて複数人のライターさんと契約することによって一人では不可能なペースとか記事量の作業を可能にすることが出来るんです。

例えば10人のライターさんと契約をして一人1日1記事ずつ書いてもらうとしても1日10記事ずつ毎日投稿することが出来るようになります。

これは自分一人でグーグルアドセンスをやると難しいペースになりますがライターさんを雇う事で作業効率が上がるという事はとても便利だと思います。

今のお話をぎゅっとまとまめると

・お金を払って記事を書いてもらう

・外注費>記事収入となれば利益は自分のもの

・複数人と契約すれば1日10記事も可能

という事になります。

では、外注をすることで自分にどんな魅力的なことが起こるのでしょうか?

記事外注の魅力

記事を外注することの魅力と言うのは他人の時間や労力で自分が稼げるという事だと私は思いますし他の人に時間・力を借りて自分が稼げるという事が記事外注の魅力なんです。

比べてみるとこんな感じになります。

自力 ⇒ 作業量の限界・時間的制約・ライティング術

自力でアドセンスの作業を行っていくとなるとどうしても作業量の限界はありますし副業としてアドセンスを行うという場合は1日使える時間的な制約ももちろんかかってきます。

また、そこまで高度ではないですが最低限のライティングスキルつまり、アドセンスの記事で稼げるような記事の書き方ができるという能力が必要になってきます。

外注 ⇒ 作業量の限界突破・圧倒的時間短縮・半不労収入

自力作業に対して外注化をすると限界を突破することが出来ます。

つまり、一人でやる分には絶対に無理な量・絶対に無理なペースで記事を投稿することが出来ますし、どうあがいても一人でやっていく分には1日40記事投稿するとか無理ですよね?

しかし、外注を使えばこれは実現可能なペースになってしまうんです。(その分費用もかかりますが)

これを突き詰めていくとどうなるかと言うと自分はその記事をチェックして投稿していくだけなので自分が実際に働く時間ていうのが圧倒的に少ないですし半不労型の稼ぎ方と言う風になっているんですね。

自力と外注化を比べてみると外注化が非常に魅力的であるという事がわかると思います。

私もアドセンスをするにあたり記事を書くペースと言うのがばらばらで記事を書ける日もあればかけない日もありましたが、外注で2人のライターさんと契約することで1日2記事安定して記事を投稿することが出来、収入も安定しましたので、それを考えると費用はかかりますが外注化はおすすめできます。

ではどのようにしたら外注化をしていけるのでしょうか?

外注化の方法

外注化の方法について難しいイメージを持たれているかもしれませんがまずは・・・

ライターを募集する

・クラウドソーシングを利用する

・難しい手続きは不要

・募集内容は自分の好きなように

まずはライターを募集するという事です。

これにはクラウドソーシングというサイトを利用します。(依頼主とライターさんを仲介するサイト)

具体的なサイトを挙げるとランサーズクラウドワークスといったサイトを利用すれば簡単にライターさんを募集することが出来ます。

参考までにURLを貼っておきますので確認してみてくださいね!

ランサーズ:https://www.lancers.jp/

クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

ライターさんと契約すると言ってしまうとなんだか難しいというイメージがわいてくるんですが、こういった仲介サイトを経由するので実際に難しい手続きと言うのは無用です。

また、その時の募集内容と言うのは自分の好きなように設定することが出来ます。

例えば1記事いくらでやってくださいとか、こういうペースでやってくださいとか、そういう募集の条件と言うのは雇い主であるこちらが自由に設定することが出来ます。

その後ライターさんを教育するというステップが必要になります。

ライターを教育する

・アドセンス記事のネタを提供

・稼げる記事の書き方を指示

ライターさんと言ってもアドセンスやアフィリエイトをやっているわけではないのでどうゆう記事をどのように書いていけばいいのかという事を教育していく必要があります。

また、実際に慣れてくるまではこのネタで書いてくださいよとか細かいサポートも必要になってきます。

このライターさんを教育できればあとは最終段階になります。

記事をチェックし投稿

・一日の作業はメールチェックだけ

ライターさんが自動的に記事を書いてくれますので自分がやることは記事をチェックして投稿するだけで、これを突き詰めていくと1日の作業と言うのはメール確認だけになります。

これはどういうことかと言うとアドセンスをする中で一日に必要な作業時間と言うのがメールを確認する時間だけで収入を上げて行くことが出来るという事になります。

外注化のメリットとは?

先ほどから外注化のメリットをお話しさせていただいているんですがもう一度ギュッとまとめてみると4点あります。

1.作業時間を大幅に短縮できる

2.最終的には収入の自動化が可能

3.自分自身にスキルが無くても稼げる

4.一人では不可能なペースや量の作業が可能

という事になります。

人にはそれぞれ向き不向きがあると思いますが、アドセンスでもそうです。

大きく分けると2つのタイプがあります。

職人タイプ

この様な人は自分で実際にブログ記事を書いて利益を上げて行くそういう事に向いていると思います。

経営者タイプ

他人のリソースを活用して稼いでいくことが得意。

ですので、職人タイプの人は自分でブログ記事を一生懸命書くのもいいんですが、外注化をした方がより早く稼いでいくことが出来ます。

外注化のデメリットとは?

では、一方で外注化のデメリットと言うのはどのようなものがあるのでしょうか?

ここまでは色々と外注化のメリットについてお話してきましたが、一方デメリット危険性と言うものはあるのでしょうか?

一つ一つ見ていくことにしましょう!

1.ライターさんとの係わり

2.他人の介在 = 不確定要素

3.外注費の支出

4.経験ゼロでは難しい

1.ライターさんとの係わり

クラウドソーシングサイトに集まっているライターさんと言ってもプロのライターさんではありませんので、実際にはお小遣いを稼ぐための手段として登録している主婦であったりライター志望のアマチュアさんだったりとお金を稼ぎたい・時間がありますというようなと言うような人たちが集まっています。

ですのでブログ記事を書くのがうまい人はいるのですがそうではない人が圧倒的には多いです。

また、ライターさんの目的は、ブログ記事を書くことによる報酬なんですね。

なので、ブログ記事を書くことによって結果的に雇い主が稼げるか稼げないかはライターさんにとってはどうでもいいわけですよね?

ブログ1記事書けば報酬がもらえるので、そのために良いブログ記事や稼げる記事を書こうと思っている方を探すのはとても大変ですし、折角教育したライターさんがずっと自分についていてくれるという事はどこにもありません。

せっかくゼロから教育したライターさんがいたとしてもより条件の良い案件に流れてしまったりそのライターさん自身がアドセンスブログを始めてしまうという可能性もありますので、そうするとまた一から募集して・教育してという段階を再び繰り返さなければなりません。

ここで一番重要なのは信頼関係の構築が出来るかできないかという事で、ライターさんといかにコミュニケーションをとっていい関係を構築していくかという事が重要になってきます。

そういう関係が構築できればライターさんも良いブログ記事を書いてやろう!と言う気持ちにもなりますし、他に良い案件があったとしても離れずにブログ記事を書いてくれるというような効果をもたらしてくれると思います。

2.他人の介在 = 不確定要素

自分の収入に他人が介在している。

他人の要素とは不確定要素という事になります。

どういうことかと言うと、腕のいいライターさんが偶然見つかっていつまでも自分専属でいてくれるという保証はどこにもありませんし、いつ辞めるかとかという事が不確定要素になりますよね?

自分一人の力ではどうすることもできません。

こういう風に稼げるか稼げないかにおいて不確定要素が入ってくるというのは気にする人、気にしない人がいると思いますが、自分みたいな小心者には結構なデメリットなってしまいます。

また、自分一人でアドセンスブログをやる時とは別のスキルが外注化には要求されます。

先ほどの信頼関係の構築と言う事に関してもそうですよね?

コミュニケーションであったり信頼関係の構築であったりそういうスキルが要求されるのでそこに向いていない人は外注化に向いていないという事になります。

3.外注費の支出

外注化のデメリットとしてはやはり外注費というものも大きいです。

平均的には1記事書いてもらうのに1,000円前後かかりますが、1日3記事1か月書いてもらうとして1日3,000円30日で90,000円これが固定費として出ていくことになります。

この間稼げようが稼げまいがこの固定費は出ていくことになってしまいます。

もちろんアドセンスブログと言うのは最初から稼げるわけではありませんし、稼げるまでの時間と言うのが存在しますし、それまでかかった外注費と言うものは当然赤字を生んでくるわけです。

稼げるまでは赤字を覚悟しなければならないと言うところが外注化のデメリットという事です。

じゃあ稼げるようになればいいんでしょ?

と思うかもしれませんが、どこにも稼げるという保証はないわけですよね?

上手にライターさんを教育していけば稼げていけるとは思いますが間違った方向で400記事や500記事書いたとしても稼げません。

ずーーーっと赤字が続いてしまう・・・。

そういうデメリットもあるわけなんですね!

4.経験ゼロでは難しい

実際にゼロから初めて外注化を成功させるという事はとても難しいです。

理屈の上では自分にスキルが無くてもライターさんが書いてくれるので稼げるんですが、実際にはライターさんに教えるという作業がありますので、自分自身が記事の書き方と言うのをわかっていなければだめなんです。

という事は、自分自身が結果を出しているそれを前提としないといつまでたっても稼ぐという事が出来ないですし、ライターさんに正解の方法を教えてきちんと収益の上がる記事を書いてもらうことが出来ないという結果になってしまいます。

ですので全くの初心者でアドセンスブログに初めて触れるという人が外注化のメリットにひかれて闇雲に手を出しても結局はいたずらに支出が増えていくだけでいつまでも稼げないという残念な結果になってしまいます。

だから、実際に自分が稼いでからでないと・自分にノウハウが無いと外注化で稼いでいくという事は難しいのかなと思います。

スポンサードリンク


まとめ

それでは、大切な4つのポイントを踏まえながら今回の内容をまとめていきたいと思います。

・記事の外注化 = ライターの代筆

・出費はあるが圧倒的な効率化が望める

・ただし、全てがうまくいった場合に限る

・決して自力作業より簡単な稼ぎ方ではない

記事の外注化と言うものは自分が記事を書く代わりに、ライターさんにブログの記事を書いてもらうという行為になります。

もちろんライターさんには外注費を支払う訳なんですが圧倒的に作業の効率化をすることができます。

ただし、これは外注化をスムーズに進めていった場合に限ります。

ライターさんを上手く教育して稼げるような記事を書いてもらうという様にうまくいった場合には圧倒的な効率化という事が起こってくるんですが、何かがずれてしまうと出費ばかり増えて行っていつまでも稼げないという状況になってしまいます。

なので、外注化で稼ぐという方法は、決して自分一人でアドセンスブログで稼ぐという方法より簡単な稼ぎ方という訳ではありません。

確かに自分に稼ぐノウハウあるいは稼がせるノウハウというものがありさえすればその段階では自分で記事を書いていくよりライターさんを教育して自分のための記事を書いてもらう方が圧倒的に効率化を図れるとは思うんですが、自分にそういうスキルやノウハウアドセンスブログでの稼ぎ方の知識・経験が無い場合は、外注化で稼ぐという事は難しいです。

ですので外注化をするにしても、まずは自分一人でアドセンスブログで稼いでみるそういう経験が必要になります。

これは、月収10万円くらいの実績でいいのかなと思いますし、1日3記事ペースでやっていけば3か月ほどで達成できます。

自分一人でアドセンスブログの記事を書いて成果を出すことが出来たという体験・ノウハウがあれば改めて外注化をしたときにライターさんにどういう風に書けば稼げるような記事が書けるのかというオーダーが出せるわけですよね?

その方が効率的に稼いでいくことが出来るんです。

確かに外注化と言うのは素晴らしい稼ぎ方なんですけれども、一人でやっていくよりはもっと大きく・簡単に稼ぐことが出来る方法なんですけれども、最初から外注化に足を踏み入れるという事はお勧めできません。

まずは、自分一人の力でアドセンスブログで稼いでみましょう!

その後経験やノウハウを生かしてライターさんに教育をして自分の為に稼いでもらうという外注化に手を出していきましょう!

こういうステップを踏むことによって、より効率的により早くより大きく稼いでいくことが可能になります。

この外注化と言うのは必ずしも手を出す必要はありませんし、自分が記事を書くことによって大きな収入を作りたいという人は自分で稼いでいくというのも良いのかなと思います。

作業の量・ペースと言うのは限定されてくるんですが、その中でも工夫を凝らせば自分一人の力でもアドセンスブログだけで月収100万円を超えたという人を私は知っていますし、あなたにもその可能性があります。

なのでこの外注化はあくまで一つの手段として覚えておいてください。

あとは自分一人で稼いでみてその後外注化に手を出すか、一人で稼ぐ事にチャレンジするかをあらためて考えていけばいいと思います。

という事で今回の、アドセンスブログにおいての記事外注のメリット・デメリットは終了になります。

ほんと・・・長々と読んでいただきありがとうございます。

世界を楽しんでや~心行くまで・・・

感謝。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です